暇つぶし日記。

自分が体験して面白かったセラピーや治療家のレビューと、その他怪しい日記です。

蕁麻疹・蜂窩織炎 その後

皆様、この度は御心配おかけ致しました。結果から申しますと、もうすっかり完治致しております。
あれ、まだ腫れてるやん?いやいや、これは腫れているのではありませぬよ。こういう太さです。
内出血の跡もすっかり消えました。



普段は何もないです。




ただ、無意味に肌が痒くなってしばらく掻きむしる事は時々あります。しかし普通に掻いた部位が赤くなるのみで、膨れてくる事はありません。




で、「あの先生」の診察日です。(一週間後チェック)

先生「どう、良くなった?」
先生がOリングで私のお腹をチェック。
もう蕁麻疹はありません〜。
先生「もう菌はほとんどおらんね」
おかげさまで。さすがにあれは普通の皮膚科では治る気配がなかったので先生の元に来て良かったです〜。
先生「それで慌てて駆け込んできた訳やね。良かったね。」(にやり)
有難うございます。まだあのお茶余ってるんですが、飲んでてもいいですか?
先生「いいよ。」「こないだも、あなたより酷い症状の人来たよ。マンションの水道のタンクに(菌が)おるみたいで、浄水器付けさせて、後は(お茶とかで)治したよ。」
そうですか〜、ほんまあっちこっちおるんですね。
ちなみにこの先生、ちょいちょい「こんな人治したったで話」を盛り込んできます。
この菌、もっと自分の免疫強かったら大丈夫なんでしょうか?
先生「いくら免疫強くても、数が多ければ無理やな。生ものはあかんよ」。
後は体のバランスをチェックして終わりです。

ホントはもっと聞きたい事(あの謎のお茶の事など)もあったのですが、先生との会話はさらりと流れるような感じであり、あまり細かい事は聞けずに終わっていくことが多々あります。(威圧的で聞けない訳ではない。)


ま、せっかく来たし、以前から気になっていた事を先生に質問します。
先生〜、「電磁波を中和するシール」は持ってるんですが〜、(自分の持ち物に貼るタイプだと、結局外に出た時に防御できない、と言おうとしたのです)
先生「何やそれ?」
え?いやー、Oリング協会で売っているあの・・・・
私が説明をする前に、棚からささっと、とある物を私に差しだします。
「はい、これ、私が開発したの。」
ん??一見シリコン製の腕輪です。
まずは左手で発信状態にした電話を、胸に当てて持たせられます。その状態で深呼吸をするよう指示されます。なんと、胸一杯までは息が吸えません。しかし腕輪をはめると、どこまでも息が吸えるようになります。お???また、この状態でOリングをすると一目瞭然。ぉお。(腕輪あり:クローズ 腕輪なし:オープン)
私はてっきり「身につけるだけで電磁波から防御する代物などない」と思っていたので、あっけにとられておりました。なーんだ、あるんじゃん。

それだけではありません。もうひとつの使い方があるようで・・・
①先生が腕輪を棚に置きます。その腕輪の円の中に収まるよう、アロエクリームを置きました。
②腕輪の中に置いてない、普通の状態のアロエクリームを肌に塗ります。(左の指で、右の腕に塗る)
③腕輪の中にしばらく置いたアロエクリームを肌に塗るよう指示されます。(右の指で、左の腕に塗る)
④腕輪の中に置いたクリーム→さらさら、すーっという感じ。
 腕輪の中に置いていないクリーム→べっとり、伸びにくい感じ。
つまりは、輪っかの中にしばらく化粧水など置いておくと肌なじみが良くなっていいよ、という実験だったのですが、先生は何も言わずいきなり始めるもんですから、理解するまでに時間を要しました。


お、こりゃいいもの見つけた。さてさて、色々検証してみなくては。面白い実験道具が一つ増えました。
これ、「レイキ」を流すのと一緒?もっとスゴイの??



そうそう、以前から待合室にこのビラがさりげなく貼ってあったのですが、一体なんのこっちゃ?と思っておりました。(この説明では何がどうかさっぱり)




この腕輪、大と小の2種類。小は白とピンクのみ。大は何種類か色がありました。一見ただのシリコン製の腕輪。一番目立たなそうな黒(大)にしてみましたが、よくよく見るとそれなりに目立つしあんまり可愛くない。せめて白なら「病院のリストバンド」っぽくて仕事中も付けてて良かったかな?
原則は女性は右腕、男性は左腕に装着するのだそう。(なんで右手なの?って細かい事はまだ聞ける雰囲気はありませんでした) 

ちなみにこれはニュートラライザーという電磁波を「中和」するシール。電化製品に貼るタイプで、一応我が家も数枚貼っております。(過去の日記のFTの話のどこかに出て来ます。ご興味ある方は読み返してみて下さいませ)



※ちなみに私の友人Nさんは、私が「ヨド○シカメラ」やデパートに行くと、すぐに体力を消耗してぐったりしてくる姿を知っています。これでぐったりせずお買いものができれば、まさしくこの腕輪のおかげです。(世に言う電磁波過敏症というほどの症状はありませんが。)


しばらく付けてみて、どうなるか検証してみます。人にお薦めする前に自分で試してみてから。
結果は気が向けばまたアップ致します。